リレー・フォー・ライフ・ジャパン Relay for life Japan

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2020川越

2020年9月19日(土)から20日(日)の水上公園におけるイベントは中止させていただきます。イベントに代えて動画などを利用した皆様とつながりを持つ活動を行います。

最新情報・ブログ

実行委員長ご挨拶

昨年のお礼と今年度のリレーイベントについて

 昨年のリレー・フォー・ライフ・ジャパン2019川越には多くの方にご参加、ご協力いただきまして誠にありがとうございました。
 おかげさまで天気にも恵まれ、2日間のリレーイベントを無事終了することができました。実行委員会一同、心より御礼申し上げます。

 ご存知のように今年4月16日、新型コロナウイルス感染症増加に対応する緊急事態宣言が全国に発出されました。皆様には大変不安な日々をお過ごしのことと思います。
 今年は記念すべきオリンピックイヤーだったはずでした。しかし、新年早々、中国・武漢から謎の肺炎のニュースが飛び込み、その後、あっという間に全世界に拡がりを見せた新型コロナウイルス感染症。日本国内でも日ごとに感染者数が増加し、既に我々の生活にも大きな影響を及ぼしています。
 日々、がんと闘っているサバイバーの皆様やケアギバーの皆様にとっては、その不安もことさら大きいのではないかとお察し申し上げます。

 私共、リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越実行委員会では、今年度のリレーイベントを開催するか否かについて、何度も意見を交わし、様々な角度から検討を重ねて参りました。多くの方々が一堂に会し、屋外とはいえ共に食事をしたり、長い時間会話を楽しむ2日間のリレーイベント、9月開催とはいえ、やはり少なからず感染拡大のリスクを有しています。
 実行委員会では、何よりご参加いただく皆様の安全を第一に考え、誠に残念ではありますが、本年9月19日(土)、20日(日)のリレーイベントを延期させていただくことと致しました。

 毎年、このリレーを楽しみにしている皆様には大変申し訳なく思っております。しかしながら、あえて延期とさせていただきましたのは、いずれ、皆様の心がつながるような企画を考え、実施したいとの思いからです。その際は、是非ともご参加ご協力賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 私たちは、これまでに幾多の大地震や大型の台風など、未曾有の災害に見舞われてきましたが、なんとか乗り越えてきました。今回の新型コロナウイルス感染症も、皆の英知を結集し、一人ひとりの力を合わせれば、必ずや、いつもの生活を取り戻すことができるはずです。

 実行委員一同、笑顔で皆様にお会いできる日を心より楽しみにしております。それまで、お互い頑張りましょう。

私たちは、“ひとりじゃない” -いつもここにいるよ-

2020年4月18日
リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越実行委員会
実行委員長 細谷 治
実行委員会一同

細谷治先生

実行委員・サポーター一同

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019川越実施報告

9 月14日 (土) 13:00 から 15日(日) 13:00 まで川越水上公園 芝生広場にて、
第 11 回リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019 川越が開催されました。
2日間の様子を限られた写真になりますが、ご紹介させていただきます。ここの内容は随時更新いたします。

開会式後のサバイバーズラップ。がん患者・がん体験者がフラグを持ってウォークをスタートです。
サバイバーズラップ サバイバーズラップ

がん啓発スモールセミナー。
腫瘍内科医へのよろず相談。がん患者体験談。
セミナー 勝俣先生 セミナー 阿蘇さん

副住職のがん体験者への寄り添い。
セミナー 最明寺さん

若いがん患者さんへ将来子供を持つために。リラックスヨガでストレス解消。
セミナー 高井先生 リラックスヨガ

ルミナリエバッグ。自分自身に、家族に、天国にいる家族・友人に思いを寄せて。
ルミナリエバッグ ルミナリエバッグ

会場近くにある最明寺さんのご協力のもと、本堂をドーンパープルにライトアップしていただきました。
また遠方から来られた方や体力面に不安のある方の宿舎としてもご協力いただき、翌朝には座禅を実施いたしました。
最明寺 ドーンパープルライトアップ 

ここに来ることができなかった方へ、手紙に思いを伝えます。HOPE。
エンプティテーブル HOPE

Dawn purple 朝がやってきました。
長い夜を乗り越え 朝陽を浴びながら希望の光を灯す ルミナリエ。
ドーンパプル朝日 ドーンパープル朝日

川越のテーマソングを歌う花うたぴあのさん。閉会式後の集合写真。
花うたぴあのさんの歌 全体写真

日本乳癌学会とのコレボレーション。
乳癌学会市民公開講座が、ウェスタ川越において開催され、そこに実行委員および参加者が駆けつけました。
実行委員長によるリレー・フォー・ライフに関する事例発表とPRを行わせていただきました。
乳癌学会市民公開講座

今年の取り組みとしては、受付テントの場所が変更され、セミナーテントも観覧用テントの中で実施されました。
キッチンカーも芝生広場外から、あずまやに移動したことで、食事の場所の不安も解消されました。
2日間良い天気に恵まれ、令和初のリレー・フォー・ライフ・ジャパン2019川越は無事に閉会いたしました。
なお、この2日間のチャリティによる寄付および様々な個所に置かせていただきました募金箱などによる寄付額などにつきましては、事業報告書にて改めてご報告させていただきます。

来年 2020 年もまたここでお会いしましょう!

SNS